スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

天使の涙

天使の涙
天使の涙

この「天使の涙」という映画は下の「恋する惑星」と同じウォンカーウェイ監督の映画です。恋する惑星に入れるはずだった話がこの映画になったということで、2本組の映画といっていいです。「恋する惑星」のお店やビルが同じ名前で出てきます。金城武はこの作品でも出ています。
ネタバレになるからあまりストーリーは書かないでおきます。最初の15分くらいはわからないけど、だんだんストーリーも見えてきます。

恋する惑星をビデオ屋に返しに行って、そのままこれを借りてきました。この映画も映像が独特なものがあり、ミュージックビデオのようでもあります。人物の心の声もあります。そして印象は少し冷たいです。でもその中にも人間の暖かい感情が入っていて、それがこの映画の1つの魅力でもあります。
殺し屋とエージェント、しゃべれない青年(刑務所から脱走)、失恋した女の子、金髪の寂しい女の子という5人の主要人物が出てきて、それぞれの日常、恋愛などを描いています。
1人1人の人物が「恋する惑星」のように魅力的で少し変わっています。1人ずつ書こうと思います。
↓続きへ

続きを読む
Posted by たつや | comments(0) trackbacks(2)

恋する惑星

恋する惑星
恋する惑星

最近自分の中でけっこうアジア映画がブームになってます。ハリウッドとか西洋人の映画に少し飽きたというか、同じアジア人の映画をよくレンタルして見てます。ということで、気に入ったアジア映画を少し記事にしようと思います。


これは3日前にレンタルして見ました。結構有名かもしれないです。トニーレオン、金城武なんかが出ていて、主なキャラクターは4人。トニーレオンはインファナルアフェア見てからファンになり、結構好きです。
大体のストーリーは
前半
刑事の金城武が彼女に振られて、1ヶ月間(誕生日まで)彼女のことがあきらめきれずにいる。その時に金髪の女と出会う。金髪の女は麻薬の取引をする人で愛した人に裏切られてしまう。金城武はその女に魅力を感じて誘う・・・・

後半
警察官のトニーレオンが毎晩ミッドナイト・エクスプレスという店に寄り、スチュワーデスの彼女に食べ物を買う。そのお店でフェイウォンが働いていてトニーレオンのことが気になり出す。トニーレオンは彼女に振られてしまい、フェイはトニーの彼女に別れの手紙とトニーの部屋の鍵を預かった。それをなかなか渡さないままで、トニーの事がどんどん好きになり・・・

みたいな感じです。めんどくさいからかなり省略しましたが(笑)
金城とトニーレオンの2つの恋愛の話なんですけど、細かいところで2つの話がつながっていておもしろい。前半は少し暗いけど、後半は明るい感じで好きです。
この映画はキャラクターが独特でおもしろい。フェイウォンのハチャメチャなところとかトニーレオンが物に話しかけたりするところは凄くこの映画独特な感じ。金城武もパイナップル喰いまくったりして変わっている。
でも特にフェイウォンがいい。凄く行動力があって、かわいくて、ストーカーなのに全然気持ち悪くないし、むしろ個人的に応援してあげたくなります(笑)。

ストーリーというよりも感覚で楽しむ映画かなー。カメラワークとか登場人物のキャラとか、人物の心の声や音楽など。この監督独特の世界観ですね。

あとフェイウォンのエンディングテーマがいいです。この映画は終わり方が好きで、最後にこの曲が流れると少し元気が出てきます。今日ツタヤでCD借りました。

これは何度も見たい、ハマる映画です。「凄くおもしろい!」って感じじゃないけどなんか好き。今もまた見たくなってきた・・・DVD買おうかなー

「その時ふたりの距離は0.1ミリ。6時間後、彼女は別の男に恋をした。」


Posted by たつや | comments(0) trackbacks(1)

猟奇的な彼女                  欲しい(笑)

猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版
猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版

今日朝(12時w)起きて窓の外見ると、真っ白・・・
すげー雪だ。ついにこの冬東京にも雪が降ってきた。一昨年の大晦日と同じくらい降ってる。今日学校無くて良かったー(^^)でもバイトある・・・だるし↓

月曜日試験2個とレポートがあるのにまだ終わってない・・・やばいけど、まあいいや!更新しちゃえ!(笑)バイトの後勉強やるぞ。

今日はなんとなく映画を記事にしようと思う。俺は結構韓国映画が好きで、「シュリ」とか「JSA」「8月のクリスマス」最近では「オールドボーイ」
が好き。外国や下手なハリウッドの映画よりも韓国人のほうが見てて親近感がわくような感じがする。

この映画は結構前にレンタルしてみた。ちょっと話題になってから、普段はラブストーリーてワンパターンだからあまり見ない。これも期待してなかった。

だけどこれはおもしろかった。というか猟奇的な彼女に惚れました(笑)
「おれもやられたい!ビシバシやってくれー」変態だなw
主演の女の人ととぼけた男の掛け合いは笑える。彼女は気が強くて、怖いけど、たまに女の子らしいところも見せるのだが、それがまたいいんだと思う。
1番好きなシーンは牢屋に入れられた男を彼女が出してあげるシーン。そのシーンのときすごく女の人が綺麗なんだよなー。男はボコボコに殴られるんだけど、ちょっとうらやましい・・・w最後のオチも「なるほどーそうだったのか」と思わせられる、ラブストーリーにしては重くないし気軽に見れる
コメディ映画でもあると思う。
 
1、女らしいことを要求してはならない。
2、酒は3杯以上飲ませてはならない。人にからむから。
3、時々、留置場に行く覚悟をする。
4、殺すと脅された時は、本当に死ぬつもりで。
これが彼女と付き合うときの鉄則。


たぶんこれを見たほとんどの男達は「いいなーあの主人公、俺もああいう女の子好きだな」と思っているでしょう。でもたぶん実際ああいう女の子いないし、もし居たとしても怖くて近づけないと思います(笑)
やっぱり映画のなかの話ですからねー。
最近ちょっとDVD買おうかどうか迷ってます。
Posted by たつや | comments(4) trackbacks(0)
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
Power of Failing
Power of Failing
Mineral
エモーショナル爆発!!最高
A Lull in Traffic
A Lull in Traffic
Gloria Record
キラキラ光る思い出☆
Let's Talk About Feelings
Let's Talk About Feelings
Lagwagon
奇跡の名盤☆
ホエン・イット・オール・カムズ・ダウン
ホエン・イット・オール・カムズ・ダウン
ホーム・グロウン
爽やかな風
Something to Write Home About
Something to Write Home About
The Get Up Kids
切なく疾走する青春
Hard Rock Bottom
Hard Rock Bottom
No Use for a Name
最高の美メロ
PROFILE
LINKS
OTHERS